豚肉と厚揚げのキムチ炒め

  • 投稿日:
  • by

JISS国立スポーツ科学センターのアスリートレシピ の中の「早めにリカバリー。疲労回復のおかず」に書かれているレシピの一つの豚肉と厚揚げのキムチ炒めです。
この本によると、この豚肉と厚揚げのキムチ炒めからは、ビタミンB1とアリシンが採れるそうです。

昨シーズンの冬はキムチを使った鍋料理に凝っていて、幾種類かの鍋を作って食べていたのですが、キムチを炒め物に使ったことはありませんでした。
手元にニラが半束余っていたこともあって、好奇心で作って見ました。

豚肉と厚揚げのキムチ炒め

分量は1人分です。

材料。
豚肉、100g。
厚揚げ、1枚。
キムチ、大さじ4杯。
ニラ、半束。
ピーマン、1個。

調味料。
正油、小さじ2杯。
一味唐辛子のパウダー、大さじ1杯。
サラダオイル、小さじ1杯。

調理。

豚肉は一口大に切ります。
ピーマンは千切り、ニラは5センチに切ります。

厚揚げをオーブンに入れて熱し、油を抜きます。
熱くなったら、厚揚げを6分の1、もしくは8分の1に角切りにします。

フライパンにサラダオイルと入れて熱し、豚肉を最初に入れて、ほんのりと火を通します。

豚肉に火が通りかけたら、厚揚げを入れます。

キムチと一味唐辛子のパウダーを入れて熱します。
キムチが熱くなった頃を見計らって、ニラとピーマンを入れます。
ニラとピーマンは火が通りやすいので、最後に入れます。

正油で味を調えてから、器に盛ります。

IMG_0029-2

感想
美味しい料理なのですが、厚揚げが余計でした。
栄養のバランスを考えて加えた厚揚げなのだろうと思うのですが、味が沿っていません。
この料理では、厚揚げを省くと、風味が統一されてより美味しくなります。

豆腐を素材とした料理は多くあります。すでに江戸時代に豆腐百珍と言う本が出版されているほどです。
ここで使った厚揚げも豆腐の加工品です。

豆腐料理がこれほど多い最大の理由は、豆腐が無味無臭に近い素材だからでしょう。
どの様に調理をしても、まずくなることはないので、安心して使える素材です。
しかし、より美味しく食べられる調理法はそれほどありません。
この豚肉と厚揚げのキムチ炒めも、美味しいことは美味しいのですが、厚揚げを入れない「豚キムチ炒め」で食べた方がよほど美味しいと思います。
厚揚げはオーブンで焼いて、おろし生姜に正油で食べるのが一番美味です。
実際に、今回使った厚揚げは2枚で100円だったので、調理に使わなかった残りの1枚をオーブンで焼いて食べました。