ニッセンで初めてのお買い物体験談「春物Vネックセーター他」

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:
通販大手のニッセンですが、女性向けの通販サイトというイメージが強いですが、メンズウェアもそれなりに充実していることが分かり、試しに注文をして見ました。

**
購入したのがこのVネックセーターです。 丁度一着、Vネックセーターを欲しいと思っていたので近所のユニクロに行こうと思っていたのですが、その前にネットで検索を試したら、良さそうなものが見つかりました。 価格は1290円から1790円(+税)とユニクロよりも安かったです。 まだ手元に届いていませんが、着るのが楽しみです。

これが注文をしたVネックセーターのページリンクです。名前がVネックセータだけというシンプルさは、わたしは大好きです。

ニッセンで注文をしたのも初めてでしたが、なかなか使い勝手の良いサイトで、このセータのページまで、全く無駄なクリックをせずにたどり着けました。
テキストリンクや画像リンクが無駄なく、また、分かりやすく配置されています。
普段はAmazonや楽天ばかりを使用していますが、ニッセンもがんばっていることを知りました。
伊達に通販の大手では無いのですね。

たまたま、昨日、マネックス証券のユーザーインターフェイスがあまりに悪いので、コールセンターに電話して、操作方法を教えて貰いながら有価証券の取引を行っていたので、余計に使いやすさが際だってよく見えたのかもしれません。

------------------------------
以下、同じ日に書いた、上記の追記です。

商品選択から支払い完了までの手続きの煩雑さの印象

3900円以上購入すると送料が無料となるとバナーが表示されたので、ランニング用のスポーツウェアの上下セットも合わせて購入。これも商品は探しやすかったです。

しかし!、さすがにニッセンと感心したのは商品の選択まででした。
買い物かごに移動してから、即、カード入力による支払い画面に映ると思いきや、T-Pointカードの申し込み画面を兼ねたYahoo!ログイン画面に誘導され強制的にログインさせられました。
代金の1%をT-Pointとして還元してくれるのはありがたいのですが、このT-Pointの画面の操作がかなり面倒くさく感じられます。
個人的な印象ですが、ここの入力過程で嫌気がさして、買物を断念するユーザーも多いのではないかと思います。

T-Pointは持っているので、そのIDとパスワードでYahoo!にログインし、入力フォームを埋めて、ようやくカード情報の入力・決済画面にたどり着きましたが、ここからはさらなる悪夢の始まりでした。
どういう理由か分からないのですが、テキスト欄に日本語を入力しようとすると、キーボードの入力モードがローマ字入力から日本語入力に強制的に変更されます。
インプットメソッドはATOKの新しいバージョンを使用しているのですが、何度やってもこの強制変更は治りませんでした。
しかし、不思議にIMEではローマ字変換が行えたので、何とか入力はすることが出来ました。

わたしは20年以上もATOKを使っているのでそれ以外の文字変換は全く慣れていません。IMEではローマ字変換はATOKとユーザーインターフェイスが全く異なっているので、殆ど拷問でした。ATOKなら10秒で済むテキスト入力もIMEでは1分くらいかかってしまいます。
カード入力に要した時間は、トータルで10分以上掛かりました。
カード情報入力済みの楽天やAmazonならカードを選択して「次へ」をクリックするだけの5秒で済むのにと、思いました。

------------------------------
以下、商品到着の様子の追記です。

商品の配達の印象

商品の到着は1月25日(日)でしたから、1月23日(金)に注文をしてから2日しか掛かりませんでした。
現在のネット通販では注文から配達までの日数は非常に重要で、Amazonでは翌日配達を別料金でプレミアサービスと位置づけていますし、楽天ではあすらくとして、翌日配達のショップや商品は目立つ様に表示をしています。
ニッセンは翌々日の配達でしたが、特に急ぐ商品で無ければ、一日の差は許容範囲です。

宅配業者は郵便でした。
驚いたのは、日曜日の早朝に配達してくれたことです。中年の男性でしたが、対応はとても良かったです(時々、ひどい配送人がいるが、ユーザーは宅配業者は選べる場合が希にあっても配送人を柄レブ事は出来ないので、外れに当たってしまうと、その後就眠するまで不愉快な重いが残ることがある)。
配達時間は見ていませんでしたが寝起き直後だったので、8時を少し廻ったくらいでしょう。
日曜日の8時過ぎならユーザーが在宅している確率はかなり高いものの(再配達をすると配送業者はコスト的に厳しくなる)、日曜日の午前8時過ぎと言えば、週末の朝で惰眠をむさぼりたい時間なので、ユーザーにとっては、注文から配送までの速い配達は嬉しいものの、一日の早い時間に届けられるのはありがた迷惑でもあります。
この辺り、ニッセンと郵便で協議を持って貰いたいところです。

商品の着心地と梱包・同梱チラシ類の具体的説明

さて、届けられたセーターとスポーツウェアーの印象です。
どちらも価格に比較して、安っぽくは見えません。
少なくとも、ユニクロで購入するのと同じくらいの品質やデザインの良さはあります。
着心地も、良いです。

最近、買物をする点で気を遣っているのがゴミの発生が少ないか多いかです。
100円ショップのダイソーは大変にコストパフォーマンスの高い商品を扱っているのですが、ゴミの軽量化や分別かには、コストの面からと思いますが未対応です。大抵の文房具はプラスチックのパッケージを紙の台紙にホッチキスで止めて販売しています。このため、使う前にパッケージを開け、小さなホッチキスを取り除き、紙、不燃ゴミ、プラスチックゴミと三つに分別しなければならずに、とても面倒です。
最近、ダイソーでの買物の機会が減った様に思います。

ニッセンは梱包の段ボール箱がとても小さかったのが印象的でした。
規格の大きな段ボール箱で送ってくる業者もあるので、小さいのはそれだけゴミが少ないのでユーザーの負担は小さくなります。

残念なのは、折り込みチラシがタップリと同梱されていたことです。
これは、ニッセンに限った事では無いので、ニッセンを責めるのは酷かもしれません。ブックオフで買い物をすると、お売り下さいやゲームソフト価格表など数枚のチラシを勝手に入れてきますし、ヨークベニマルのセルフレジで買物をしても注意をしていないと、商品と一緒にチラシまで袋に入れてしまいます。

ニッセンで困るのは、チラシの量が多すぎることです。
購入したユーザーなので、再購入の可能性の非常に高い見込み客なので、購買意欲を高めようとしたい気持ちは分かるのですが、これだけ過剰包装が問題となっているのに、過剰チラシはエコロジーには反するでしょう。
この辺りは改善をして貰いたいところです。

これがニッセンの梱包。
上に置いてあるのは比較のスマホ。
IMGP8998.jpg

これが商品の包装。
IMGP9001.jpg

セーター。
IMGP9006.jpg

スポーツウェア。
IMGP9007.jpg

シャツに上記のセーターを組み合わせて着てみました。着心地は良いです。
この価格なら、毎年、TPOに合わせて買い換えられます。
IMGP9017.jpg